banner

最近の投稿

不動産投資をするためのメリット

不動産投資をするための合同会社設立のメリット


不動産投資は誰にでも簡単にできるものではありません。ある程度の経営センスは必要です。リスクの高い取引を行ってしまうこともありますから、経営をうまくやっていかないと大損することもあり得ることなのです。立地を選ぶことも重要となってきますし、それ以外にも利率の低い借り入れを行うことも必要となってきます。

経営が安定してくればそれで良いのかというと、そうでもありません。規模が拡大して利益が大きくなってきたときに考えなければならないのが節税対策です。支払う税金の金額をどうやって小さくしていくのかを考えていかなければならないでしょう。そのための方法の一つが合同会社設立です。

日本では個人事業を行うよりも、法人を設立して経営を行う方が税制面で有利だという傾向があります。金持ちの個人よりも法人のほうが国は望んでいると言えるでしょう。そのために、合同会社設立は良い方法だと考えられます。合同会社設立をすれば、税制面での色々な優遇を受ける事ができますし、様々な税金対策を行うことができます。

例えば、帳簿をきちんとつけるだけで控除を受けることができます。帳簿はどのみちつけなければならないものなのですから、それだけで控除が得られるメリットは大きいでしょう。自分でできなければ税理士に依頼するなどの方法をとることもできますから、手間や時間を省くこともできるのです。

そのほかにも、経費に算入できるものが多いというメリットもあります。個人事業では経費算入が認められていないものの中には、法人では認められるものもあります。そのために、課税対象の金額を小さくすることができるというメリットがあるのです。

合同会社設立をするときにはいくらかの初期費用がかかります。株式会社を設立する場合に比べるとかなり安いですから、これが合同会社設立をする目的の一つ伴っているのです。また、毎年法人住民税を支払っていかなければなりませんからコストはかかってくると言えるでしょう。ですから、あまり規模が大きくない場合に合同会社設立をした方が不利になることもあります。

ですから、不動産投資をするのであれ場、まずは個人事業として経営を行い、そして経営が軌道に乗ってきて規模を拡大して行こうという段階になってから、合同会社設立をするというのは良い方法だと考えられます。税金対策ができるくらい規模を拡大させることができれば、経営センスがあると考える事もできます。

Copyright(c) 2014 合同会社の設立を復習してみようAll Rights Reserved.