banner

合同会社設立とその代行

合同会社設立とその代行について


合同会社設立は新会社法の施行によって近年設立が可能になった新しい会社法人の形です。この会社は株式会社とほぼ同様の手続きで開設することができるのですが、一部手続きが不要になっていたり、必要書類が少なくなっていたりと比較的簡単に開設することができるとされています。
しかし合同会社設立の手続きは比較的簡単というだけであってやはり法的な手続きならではの面倒さはあります。その手間暇を会社を設立する過程として大切にするのであれば自ら行うのも一つの手段ですが、もしもそうでないのであれば思い切って外注に出すということも検討することができます。実はこの合同会社設立には代行をしてくれる業者というものが存在しています。色々と複雑そうには見えますが合同会社設立というのは法人登記に必要な書類を揃えて所轄の法務局に提出して登記簿に乗せてもらうことを言います。そのため、経験豊かな業者であればかなりの短時間で必要書類を揃えて効果的な定款を作成することも可能です。それどころか将来の事業拡張を視野に入れた定款作成の指導を行うことも出来る場合があります。またこの定款などの文書は従来は紙媒体での管理でしたが電子媒体での提出をすることで経費を大きく削ることができる制度が誕生しました。この電子媒体での提出にはノウハウが必要なのですが、専門の業者であれば必要な知識やソフトウェアは最初から揃っています。そのため非常に安く必要書類を揃えることができるのも代行業者への依頼のメリットです。
代行をしてくれる業者にも色々あります。全くの個人で何の資格も持っていない人が行う場合もありますが、経験豊富であればそれほど問題はありません。信頼できる人の紹介であればそれほど気に数rことはないでしょう。または司法書士の様な法的な書類を取り扱う専門家が代行するのであれば安心して任せておくことができます。
合同会社設立はこのように手間暇をかけるか業者に委託すれば済む問題なのです。これから会社を作ろうとする人にとって本当に大切になるのは会社を設立してからどうするのかという問題です。世の中には色々な業者がありますが、会社の運営方針を決めてくれる業者というものは基本的に存在しません。会社の社長たるものは会社にとって最も大きな問題である会社の方向性をどうするのかを決めるという重大な業務を行わなければなりません。業者に任せてしまえることは任せてしまうのが正解でしょう。

Copyright(c) 2014 合同会社の設立を復習してみようAll Rights Reserved.